忍者ブログ
iPadなしでは生きていけない人が書いてるblog。おすすめアプリやアクセサリーであなたのipadライフをもっと素敵に!
FC2ブックマーク Googleブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加  
送信済みメール、下書きを保存する場所を確認します。
iPadの「設定」を開きます。(システムios5.0.1)
1
アカウントを選び、

2
もう1回アカウントを選び、

3
キーボードが画面下半分に出てくるので、キーボードを一旦消して、
下にスクロールし「詳細」をタップします。
「メールボックスの特性」という項目で、
下記のフォルダを指定できます。

  • 下書きメールボックス
  • 送信済みメールボックス
  • 削除済みメールボックス

送信済みメールボックスをタップしてみましょう。
4
iPadに保存するか、サーバー上に保存するか選ぶ項目が出て来ました。
送信済みメールが入るフォルダがたくさんあった事件で、送信控えを統一しておいたので「sentmail」1つしか表示されていませんね。気持ちいー(*´∀`*)
サーバー上に保存する設定にしておくと、iPadから送信したメールの履歴をパソコンから見れるようになります。

サーバー上と、Thunderbird上では「sentmail」というフォルダ名ですが、
iPadのメールソフト上では「送信済みメッセージ」になります。
そして、webメール上では「送信済メール」。
設定画面と実際のソフトで表示がびみょーに異なるのが、なんだかなあ・・・。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック